5月03日(火)

|

静岡市

しりあがり寿presentsずらナイト(ストレンジシード静岡)

チケットは販売されていません
他のイベントを見る
しりあがり寿presentsずらナイト(ストレンジシード静岡)

日時・場所

5月03日 18:00 – 5月05日 21:00

静岡市, 日本、〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町4

イベントについて

主催者:静岡市

共催:静岡県舞台芸術センター SPAC

静岡出身の漫画家・しりあがり寿と、パフォーミングアーツのジャンルを越境するゲストによるフェスティバル・ナイト。

https://www.strangeseed.info/

Twitter:@strangeseed_sss

Instagram:@shizuoka.strangeseed

5月3日(火・祝)〜5日(木・祝) 各日18:00~21:00

プログラムのご紹介

  • 3日(火・祝) 【第一部】羽生生純(ライブペインティング) 【第二部】川村亘平斎(影絵パフォーマンス) 4日(水・祝) 【第一部】清水宏(スタンダップコメディ) 【第二部】パスカルズ(音楽ライブ) 5日(木・祝) 【第一部】静岡ゆかりのアーティスト 【第二部】ウォーリー木下、ストレンジシード静岡出演者(トーク、パフォーマンス)

  • しりあがり寿1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。
  • 3日(火・祝)【第一部】 羽生生 純(Jun HANYUNYUU)漫画家。2021年から月刊コミックビームで『アラタの獣』(原作 本兌有+杉ライカ)連載中。『恋の門』(2004年実写映画化)、太宰治原案『グッド・バイ』(2018年テレビドラマ化)、『俺は生ガンダム』、『青 〜オールー〜』、『ゼツ倫』、『この物語でネコに危害はいっさい加えておりません。』その他。
  • 3日(火・祝)【第二部】 川村 亘平斎(Kouheisai KAWAMURA)影絵師・音楽家。1980年、東京生まれ。インドネシア共和国・バリ島に2年間滞在し、影絵人形芝居【ワヤン・クリット】と伝統打楽器【ガムラン】を学ぶ。世界各国で影絵と音楽のパフォーマンスを発表。フィールドワークやワークショップを行い、土地に残る物語を影絵作品として再生させる活動が高く評価されている。ガムランを使った音楽ユニット【滞空時間】主宰。平成28年度第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞(2016)。北海道庁主催『北の絵コンテ大賞』受賞(2021)。テレビ東京「東京交差点」出演(2022)
  • 4日(水・祝)【第一部】 清水 宏(Hiroshi SHIMIZU)スタンダップコメディアン、俳優。アメリカ、イギリス、カナダ、ロシア、中国、台湾、韓国、メキシコなどで現地の言葉でコメディを敢行。 2012年 イギリス・エジンバラ・フリンジ・フェスティバルにて英国最大の新聞タイムズ紙(The Times)に特集記事掲載 2014年 台湾台北のTaipei Fringe Festivalで5つ星レビューを獲得 2015年 カナダ・ウィニペグ・フリンジフェスティバルでインターナショナル・パフォーマー大賞 2016年 「日本スタンダップコメディ協会」を設立し、会長に就任。メンバーに、ぜんじろう、ラサール石井。ゲストに小堺一機、春風亭一之輔、林家彦いち、いとうせいこう、神田伯山、水道橋博士らを迎え日本全国ツアーなどを行う 忌野清志郎、細野晴臣、森山直太朗らミュージシャンや、落語家の春風亭昇太の一座にも出演し、他ジャンルからの評価も高い
  • 4日(水・祝)【第二部】 パスカルズ(PASCALS)独特の開放感を持つサウンドを奏でる14人編成のアコースティック・オーケストラ。 1995年結成。2001年に全欧・全米でCD「Pascals・ふらんす deでぉ―る」が発売されたのを機に、フランスを中心に8回の海外ツアーを行う。 国内ではライブ活動のほか、舞台や映画、「凪のお暇」「妻、小学生になる。」などドラマの音楽を多数手がける。 大林宣彦監督の映画「野のなななのか」には全員で出演も果たした。 映画「川っぺりムコリッタ」は今夏公開予定。 2020年にチェロの三木黄太が急逝、13人で活動を続けている。
  • 5日(木・祝)【第二部】 ウォーリー木下(Worry KINOSHITA)1971年生まれ。神戸大学在学中に演劇活動を始め、93年に劇団☆世界一団(現sunday)を結成。役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出を特徴としている。ノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースにおいてはエジンバラ演劇祭にて五つ星を獲得するなど、海外で高い評価を得る。10ヶ国以上の国際フェスティバルに招聘され、演出家として韓国およびスロヴェニアでの国際共同製作も行う。2018年4月「神戸アートビレッジセンター」舞台芸術プログラム・ディレクターに就任。 最近の作品に、東京2020パラリンピック開会式、『粛々と運針』、『バクマン。』THE STAGE、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』などがある。

このイベントをシェア